介護フランチャイズで立ち上げる【スピード作業で企業サクセス】

使いやすいソフトを選ぶ

介護ソフトの相場調査

介護ソフトは、高齢化が進む日本において、非常に大切なものです。そんな介護ソフトの相場とはどのぐらいなんでしょうか。 相場を調査していて驚くべきことを知りました。それは、月額制が多いことです。 ソフトウェアというものは、常に最新の技術を取り入れてアップデートしていくものです。介護者にとって、新たな機能が使えることはとても便利なことでしょう。 では、本題である相場ですが、10000円程度のものが多いようです。たったそれだけで、何人分登録してもいいわけです。 しかし、この金額からわかることがあります。それは高齢化が凄まじいことです。 高齢化が進み、介護ソフトを使う人が多くなっているからこそ、この金額でソフトのアップデートを続けていくことが出来るのです。

歴史から読み取る金額の傾向

先ほどの段落では、介護ソフトの価格から、高齢化の凄まじさを読み取ることが出来ることが分かりました。では、高齢化が進む前の価格はどうなっていたのでしょうか。 調査してみたのですが、驚きの結果にたどり着きました。介護ソフトが開発・販売され始めたのは、ここ10年のことなのです。 介護ソフトの歴史を調査していて分かったのですが、ソフトのタイプには2種類あるようです。1種類目は先ほどからの話でメインとしていた、月額定額制のタイプです。2種類目は月額課金制です。格安から使い始めることが出来ますが、機能拡張が必要な場合は課金します。 ここまでの話をまとめると、介護ソフトの開発が開始されたのはここ10年のことで、現在の相場は主に月額制で10000円程度ということです。

Copyright© 2015 介護フランチャイズで立ち上げる【スピード作業で企業サクセス】All Rights Reserved.