介護フランチャイズで立ち上げる【スピード作業で企業サクセス】

選ぶポイント

介護ソフトを選ぶ3つのポイント

通所介護用の介護ソフトを選ぶ場合に気をつけたいことは、1つ目は国保連伝送機能の有無です。近年はほとんどの介護ソフトに対応していますが、市町村に介護給付金を請求する際に便利ですので国保連伝送機能のついているものを選びましょう。2つ目は通所介護施設の1台のパソコンでしか介護ソフトが使えなかったり、他の端末で使う場合には追加料金がかかる会社もあるので、インターネット回線で利用でき、かつ複数のパソコンで利用可能なタイプかも確認が必要です。3つ目はソフトの内容です。請求プランや伝票管理に特化したものやケアサービスのプランやヘルパーさんの管理のできるものまで様々です。自分の通所介護施設にあったものを選びましょう。別料金にはなりますが管理の代行サービスを行っている会社もあります。

無料お試し期間を利用して自分に合ったものを選ぶ

通所介護用の介護ソフトは月額2,000円〜10,000円程度が相場です。会社によっては初期費用が数万円単位で掛かる場合もあるので注意が必要です。また多くの会社が何か月間かのお試し期間を設けていることもあります。初期費用を支払ったのに実際に使ってみたら合わなかったということがないように、しっかり試してから導入する方が無難です。初めて導入する際には、初期費用が無料でお試し期間も無料のものを選ぶと、もし契約をしなくても損はしないうえに、どういうものかも知ることが出来るので、その後の参考にもなると思います。また何年契約と年単位で契約する会社もあるので、お試しできない場合は年間契約のある会社は避ける方が無難かもしれません。

Copyright© 2015 介護フランチャイズで立ち上げる【スピード作業で企業サクセス】All Rights Reserved.